2018年 3月 08日

Ready for more-than-human? Measuring urban residents’ willingness to coexist with animals (クリストフ・ルプレヒト)

FEAST HQ WG1_Publications

クリストフ・ルプレヒト研究員の論文「Ready for more-than-human? Measuring urban residents’ willingness to coexist with animals」がFennia – International Journal of Geographyに掲載されました。

要旨(原文):In the context of rapid urbanisation, geographers are calling for embracing non-humans as urban co-inhabitants. But if animals and plants are seen as ‘out of place’, sharing urban space can lead to wildlife conflicts. We therefore need to better understand residents’ willingness to coexist if we are to work towards more-than-human cities. This study quantitatively compared residents’ preferences toward sharing their neighbourhood, as well as perceptions of belonging across urban green space in two geographically and culturally distinct cities: Brisbane, Australia, and Sapporo, Japan. Results suggest that geographical and cultural context alongside educational attainment and age influenced respondents’ willingness to coexist, but not sex and income. Mapping respondents’ preferences for animals in their neighbourhood revealed four groups of animals along two axes – global-local and wanted-unwanted. These arose from the way animals contested the human notions of control over urban space. As spaces where animals belong in cities, most respondents chose informal green space (e.g. vacant lots, brownfields) after forests and bushland. Drawing upon recent theoretical and empirical research on liminal  urban spaces, I argue that such informal green space can offer ‘provisional arrangements’ which allow for conciliatory engagements with non-humans. I thus propose informal green spaces as territories of encounter  – a possible path towards more-than-human cities. Finally, I discuss some implications for planning and management of interspecies interactions.

【和訳】人間の枠を超えた共生に向けて:都市部居住者は野生動物との共生を受け入れるのか

急速な都市化が進む中で、地理学者たちは、都市部においても人間以外の生き物を同居人として受け入れることが必要であるとしている。もし都市部にいる野生生物を「場違い」と考えるのであれば、居住空間を共有すれば人間と野生生物の間に軋轢が生じうる。よって、共生の道を模索するためには、都市部居住者の共生に対する意欲を把握する必要がある。本研究では、地理的にも文化的にも異なる背景を持つブリスベン(オーストラリア)と札幌(日本)において、住民が野生生物と居住空間を共有してもよいと考えているか、また野生動物の都市部における生息地域はどこであるべきと考えているか、についてアンケート調査を実施し、定量的比較分析を行った。分析の結果から、地理的、文化的要因に加えて、学歴、年齢が、共生に関する意向に影響を及ぼすこと、その一方で、性別や収入の差異には影響力がないことが判明した。人間と野生動物との居住空間の共有に対する意向をマッピングすることにより、野生動物を「グローバル-ローカル」、「好ましい-好ましくない」という2本の座標軸に沿った4つのグループに区分することができた。これは、野生動物の存在は、人間の持つ都市空間管理に関する見解に異を唱えるものだからである。また、野生動物の生息地域として、森林や低木林地に続き、都市部の非公式緑地(空き地、工場跡地など)が挙げられた。都市の境界領域に関する近年の理論的・実証的研究の知見に基づき、このような非公式緑地は、人間と野生生物と融和的な関わりを可能とする「暫定的仕組み(provisional arrangement)」としての役割を果たしうると考える。よって、非公式緑地は人間と野生生物の共生へ向けた「ふれあいの場(territories of encounter)」になりうると提案する。最後に、種間相互関係の計画・管理における含意を検討する。(仮訳:小林優子)

Rupprecht, C. (2017). Ready for more-than-human? Measuring urban residents’ willingness to coexist with animals. Fennia – International Journal of Geography, 195(2), 142-160. https://doi.org/10.11143/fennia.64182

 

 

 

Read More