2017年 12月 19日

第一回地球研/UCB国際ワークショップ(クリストフ・ルプレヒト)

FEAST HQ WG1_Publications, セミナー、ワークショップ

11月6日~7日に米国カリフォルニア大学バークレー校(以下、UCB)にて、地球研とUCBの交流提携締結を記念して開催された第1回国際ワークショップ「Food, Agriculture, and Human Impacts on the Environment: Japan, Asia and Beyond」にて、クリストフ・ルプレヒト研究員がWG1の研究成果を発表しました。

Part I. Food and Agriculture/第1部 食と農

Session 1. Urban biocultural food production & Food security/セッション1 都市部における生物文化的食の生産と安全

タイトル:「Biocultural cityscapes: towards urban landscape stewardship/生物文化的シティースケープ:都市景観管理に向けて」

要旨:(和訳)食のシステムの産業化が進んだことにより、都市部の食料供給は、気候変動により影響を受けやすい状況にある。また、都市部の住民は、食料を自分たちの手で生産する機会もない。こういった課題に対する戦略・実践として、都市農業、コミュニティ菜園、家庭菜園、エディブルな(食べられる)インフラ、公共の果樹やインフォーマル・ガーデンなどが提案されてきた。しかしながら、都市景観の構造が生み出す限定要因によって、このような対策のみでは、生産や社会組織の文化的側面を考慮できておらず、活動に関った人のみに有益に働く場合が多い。このような課題に取り組むための概念的枠組みとして挙げられるのが、包括的な都市景観管理により形成された生物文化的シティースケープである。この枠組みは、生物文化多様性理論、里山や里海といった日本の伝統的な生態系管理の概念や、Degrowthやコモンズ(共有財)としての食といった国際的理論に基づいて発展したものである。

(原文)Industrialized food systems leave cities vulnerable to food supply disruptions, disruptions likely to increase due to climate change. Urban residents also lack opportunities to self-produce food. Urban agriculture, community and home gardens, edible infrastructure, public fruit trees and informal gardening have been proposed as strategies and practices to tackle these challenges. Yet alone these measures are limited by the constraints of the urban landscape organization, often fail to take into account cultural aspects of production and social organization, and usually only benefit residents involved in such activities. To address these issues, biocultural cityscapes created through holistic urban landscape stewardship are outlined as a conceptual framework. This framework is developed drawing upon biocultural diversity theory, the Japanese traditional ecological stewardship concepts of satoyama and satoumi, as well as wider international discourses around degrowth and food as a commons.

ワークショップの参加報告ブログは、こちらのリンクよりご覧頂けます。

 

Read More