2018年 7月 03日

国際ジャーナル『Sustainability』にWG1チェア・原祐二先生の論文掲載

FEAST HQ WG1_Publications

WG1チェアの原祐二先生(和歌山大学)の論文「The Minabe-Tanabe Ume System: Linkage of Landscape Units by Locals(世界農業遺産認定みなべ・田辺梅システム:地域住民によるランドスケープ・ユニットのつながり)」が、国際ジャーナル『Sustainability』10巻4号に掲載されました。

“The Minabe-Tanabe Ume System: Linkage of Landscape Units by Locals” by Yuji Hara, Yuki Sampei and Hirotaka Tanaka

Abstract: This paper focuses on the Minabe-Tanabe Ume system, which was designated as a Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) in December of 2015. Because landholdings reflect historical social connections among various landscape units, we quantitatively examined the landscape characteristics of the system by preparing digitized spatial data and performing geographic information system analysis. We also examined the consensus building process among different stakeholders toward GIAHS recognition, as well as the emergent local spatial structure of the stakeholder network through interviews with key stakeholders and participatory monitoring. Our spatial analysis of the landscape generally supported the traditional knowledge of the area as a watershed-based mosaic of coppice forests on ridges, Ume orchards on sloped areas, and villages with rice paddies and dry fields in the plains. Our stakeholder network visualization identified several key persons as important nodes that could connect different types of land use now and may have done so in the past. Moreover, because our GIAHS site has compact agglomerations of watersheds with ranges within a ~30-min drive, most stakeholders, who turned out to have graduated from the same local school, are able to maximize their social capital to reorganize the remaining nodes among different land uses, thereby contributing to the formation of the land-use system and its further promotion through dynamic conservation measures.

 

「世界農業遺産認定みなべ・田辺梅システム:地域住民によるランドスケープ・ユニットのつながり」原祐二、三瓶由紀、田中宏宜

要旨:本研究では、2015年12月に世界農業遺産(GIAHS)認定を受けた和歌山県のみなべ・田辺梅システムを調査地とし、デジタル空間データや地理情報システム(GIS)分析を用いて、同地域の特性を定量的に評価し、多様なランドスケープ・ユニット間に存在する歴史的・社会的つながりを検討した。さらに、GIAHS認定の主要ステークホルダーへの聞き取り調査や参与観察を行い、認定に向けた合意形成プロセスや新しいネットワークの空間的構造についても検討した。空間分析の結果は、山頂部の薪炭林(雑木林)、傾斜部の梅林、山の麓の水田・畑で形成される伝統知に基づいた持続可能な農業システムを立証するものであった。また、ステークホルダー・ネットワークの構造の調査を通じて、様々な土地利用をつなげる役割を担ってきた(いる)ステークホルダーが特定された。本認定サイトは、車で30分圏内の集水域が集まったものであるという地理的条件もあり、主要ステークホルダーの多くは同じ地元の学校を卒業しており、地元への結びつきが強固である。このような条件から、ステークホルダーは自らの持つ社会資本・人脈を最大限に生かし、梅栽培、薪生産、林業、農業といった多様な土地利用をつなぐネットワーク構造を再編成・強化することができ、土地利用システムの構築と保全対策を通じたシステムの促進に貢献していると考える。

(仮訳:Yuko K.)

 

Read More