2018年 7月 03日

国際ジャーナル『Sustainability』に京都市の土地利用に関する論文掲載

FEAST HQ WG1_Publications

WG1の研究成果として小田龍聖、クリストフ・ルプレヒト、土屋一彬(東京大学)、スティーブン・マックグリービーの論文「Urban Agriculture as a Sustainability Transition Strategy for Shrinking Cities? Land Use Change Trajectory as an Obstacle in Kyoto City, Japan」が、国際ジャーナル『Sustainability』10巻4号に掲載されました。

“Urban Agriculture as a Sustainability Transition Strategy for Shrinking Cities? Land Use Change Trajectory as an Obstacle in Kyoto City, Japan” by Kimisato Oda, Christoph D. D. Rupprecht, Kazuaki Tsuchiya and Steven R. McGreevy

Abstract: Can shrinking cities harness population decline to improve their sustainability by repurposing land use, for example, for localizing food production? Whether such a transition is feasible depends on the pre-shrinkage state of urban agricultural land use, including ongoing trends in local land use change. This study examined agricultural land use from 2007–2017 in Kyoto City, Japan. Kyoto is on the brink of a large projected population decline (~190,000 or ~13% until 2040) and serves as a representative for a large number of regional Japanese cities in a similar situation. Analysis was based on a public 2007 land use data set, aerial and satellite imagery and ground truthing. Results showed a decline of 209 ha or 10% in agricultural land use over ten years, but also highlight the diversity of ongoing agricultural land use types not captured by standard categories. The main post-agricultural land uses were residential (40%) and vacant land (28%). These results have implications for planning and policy. Kyoto City is currently not set to benefit from the projected shrinking process through localizing food production, despite a tradition of vegetable production. Future research should analyze drivers of change for observed agricultural land use.

Keywords: urban agriculture; land use change; shrinking cities; population decline; local food production; urban sustainability; land use policy

 

「縮退都市の持続可能な転換における都市農業の役割:京都市の土地利用の変遷と課題」小田龍聖、クリストフ・D・D・ルプレヒト、土屋一彬、スティーブン・R・マックグリービー

要旨:縮退都市は人口減少という課題を利用し、その持続可能性を高めることができるのであろうか。例えば、地域内での食の生産などに土地を再利用することは有効であろうか。このようなトランジションが実現可能か否かは、都市の農地が縮小期に転じる前の土地利用の変遷動向などが大きく影響を与える。本研究では、京都市の2007年-2017年の農地利用について調査した。京都市の人口は、2040年までに推定で約19万人(約13%)が減少するとされており、日本国内で縮退傾向にある多くの地方都市の状況を反映するものである。2007年当時の土地利用に関するデータ、航空写真、衛生画像と地上検証データに基づき分析を行った結果、過去10年間で耕作面積(農地法上の農地以外も含むすべての耕作地)が10%(209ヘクタール)失われていることが明らかとなった。また、農地の利用目的は多種多様であり、農地区分の基準に当てはまらないものも数多く見られた。農地転用後の目的としては、宅地が40%、放棄地が10%であった。京都市は、現状のままでは、不可避である縮退プロセスをうまく利用することはできない。そのような中で、こういった調査結果は、今後の京都市の都市計画や政策決定に示唆を持つものであると考える。京都市では、伝統的に京野菜などの農産物が生産されてきたが、縮退プロセスが進む中で持続可能性を高めるためには、都市農業などを通じて地域内での食の生産を更に活発化させるべきである。今後の研究では、何が農地利用の変遷をけん引してきたかについて分析を進める必要がある。

キーワード:都市農業、土地利用の変遷、縮退都市、人口減少、地域の食の生産、都市の持続可能性、土地利用政策

(仮訳:Yuko K.)

Read More