//WORKING GROUP 2

地域社会における食の倫理と
消費行動への働きかけ
     Collaborative Approaches for Food Ethics, Citizenship, and Behavioral Change

このグループの取り組み

食と農に関する問題は、生産・流通・小売・消費・廃棄を含むシステム全体として考えなければなりません。しかし、今、日本において食べものの生産と消費はかけ離れており、その間の流通、加工、小売、廃棄などの過程はとても見えにくくなっています。将来にわたって生活の質を高める、食と農の新たなあり方への「転換」(transition)のためには、食と農をつなぐさまざまな人びとが連携して、問題に取り組めるしくみが必要です。

WG2では、そのような取り組みを支えるツールや理論を作りだしています。たとえば、「フード・ポリシー・カウンシル」(地域における食と農の問題に対して、住民や事業者の知恵を編み出す組織)を、京都府京都市と亀岡市、長野県長野市、秋田県能代市で、地域の皆さんと一緒に作り、そのプロセスを調査しています。日本各地でのこうしたアクション・リサーチを通じて、コミュニティのなかで社会活動の萌芽を育てるための理論研究を行い、学際的研究に貢献します。

主なメンバー
ギャラリー
成果・まとめ

主なメンバー

秋津 元輝

京都大学・教授

GROUP CHAIR

専門分野は、農業・食料社会学、食農倫理学です。日本の農村に関する社会研究から出発し、農村地域が抱えるさまざまな社会問題の研究と、その実践的解決策を模索しています。日本の農村との比較のために、韓国、中国、タイ、タンザニア、ハンガリーなどの農村調査も行ってきました。近年は、農産物や食を通じた人間関係、特に倫理的な食消費に関心があります。

立川 雅司

名古屋大学・教授

GROUP CHAIR

バイオテクノロジーなどの科学-技術が、農業・食料分野に及ぼす、社会経済的な影響を研究しています。関連するトピックは、科学-技術と社会、食品安全ガバナンス、そして革新的技術の規制の問題との間の相互作用などです。またポスト生産主義下における農村のあり方、現代の食糧経済への社会学的/倫理的な問題も私の研究分野です。

谷口 吉光

秋田県立大学・教授

農・食・環境に関わる幅広い問題について、地域の人々と一緒に問題解決に取り組んでいます。1996年、全国に先がけて「地産地消を進める会」を結成(現在はNPO法人。代表理事)。八郎湖の環境再生と地域再生をめざすNPO法人はちろうプロジェクト副代表理事、NPO法人あきた地域資源ネットワーク理事、NPO法人民間稲作研究所理事などを務めています。

中村 麻里

名古屋文理大学・教授

食文化、食生活が主な研究分野です。具体的には、スローフード運動と食育政策などを対象とした調査研究を行っています。大学卒業後、食品メーカーに入社し、30代になってから母校の大学院に戻り「食べること」に関する社会学研究を始めました。日々の食事における選択、「なぜ私たちはこの食べ物を選ぶのだろう?」という疑問にずっと取り組んでいます。

太田 和彦

総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員

HEADQUARTER

「食べる者、食べさせる者、食べられる者」の3つの立場から、食農システムの倫理について研究しています。関心があるのは、環境倫理学はなぜ土壌を見落としてしまったのか、日本において資源を賢明に利用するとはどういうことなのか、未来を語ることが積極的に働く場所はどのように生まれるのか、などです。以前は高校の生物の先生でした。

成果・まとめ

 

NPO法人亀岡子育てネットワークさんのご協力のもと、「子育て世代の食事づくりアン...

NPO法人亀岡子育てネットワークさんのご協力のもと、「子育て世代の食事づくりアン...

この記事を読む

研究成果NPO法人亀岡子育てネットワークさんのご協力のもと、「子育て世代の食事づくりアンケート」を実施しました。...

FEASTプロジェクトでは、NPO法人亀岡子育てネットワークさんのご協力のもと、2016年12月に「子育て世代の食事づくりアンケート」を実施しました。 集計結果を亀岡の子育て応援情報誌Gyutto2017春号から順次ご照会しています。回答者の97%近くの方が、食育に関心を持っていることが分かりました。みなさまの関心を実践に移していくため、FEASTでは研究調査を続けていきます。 亀岡の子育て応援情報誌「Gyutto」2017年春号  食育、農業についてのアンケートです。 Gyutto 2017年夏号 夏号は、栄養バランス、献立についてです。 Gyutt...

30年後の地域の日常的な理想の食卓-第2回能代ワークショップを開催しました。...

30年後の地域の日常的な理想の食卓-第2回能代ワークショップを開催しました。...

この記事を読む

セミナー、ワークショップ30年後の地域の日常的な理想の食卓-第2回能代ワークショップを開催しました。...

10月17日(月)に、秋田県能代市で第二回能代トランジション食農ワークショップが開催されました。 FEASTでは、プロジェクトの一環として、地域のみなさまのご協力のもと、職業も年代も異なる地元の人たちが集まって、食を通じて地元の課題に取り組み、自分達の手で地域の未来を作るという仕組みを作ろうとしています。 9月12日(月)に開催された第一回目のワークショップでは、今から30年先の未来を見据えた時に、能代という地域にとって何が一番大きな問題となるのか、解決するには今何が必要なのかについて意見を交わしました。 一回目のワークショップを経て、少し和らいだ空気のもとに始まった二回目のワークショッ...

北羽新報にワークショップの記事が掲載されました!...

北羽新報にワークショップの記事が掲載されました!...

この記事を読む

セミナー、ワークショップ北羽新報にワークショップの記事が掲載されました!...

10月18日(火)付の北羽新報の第一面に、昨日17日(月)に能代市で実施したワークショップを取り上げた記事が掲載されました。一面に掲載されたというお知らせを頂いた時は、とても驚きました。身の引き締まる思いです。これを機に、より多くのみなさまと、食を通じて地域の未来を考えることができたら幸いです。 ...

Working Group 1

//Working Group1

フードシステムマッピング&
モデリング

Working Group 3

//Working Group3

政策と実践における
アグロエコロジカルな農林水産の戦略

Working Group 4

//Working Group4

地域の持続的発展を支える
環境影響表示ツールの開発

Working Group 5

//Working Group5

フードチェーンの
見える化