学会発表:第一回地球研/UCB国際ワークショップ(スティーブン・マックグリービー)

11月6日~7日に米国カリフォルニア大学バークレー校(以下、UCB)にて、地球研とUCBの交流提携締結を記念して開催された第1回国際ワークショップ「Food, Agriculture, and Human Impacts on the Environment: Japan, Asia and Beyond」にて、スティーブン・マックグリービーPLがWG2の研究成果を発表しました。

Part I. Food and Agriculture/第1部 食と農

Session 1. Urban biocultural food production & Food security/セッション1 都市部における生物文化的食の生産と安全

タイトル:「Scaling to holistic local food security: directions in agrifood system sustainability assessment/ 包括的な食の安全に向けたスケーリング:食農システムの持続可能性評価における方向性」

要旨:(和訳)持続不可能な食農システムから持続可能なものへのトランジションはどのように測るのだろうか。これまでに、研究者、機関、そして市民団体が、食農システムを評価し、持続可能なトランジションへの進捗の測定に役立つ多様なツールを作成している。そのような評価ツールは、多くの場合、国レベルのスケールに限定されてり、より小規模で、戦略的に見ても有効である地方や地方政府レベルへの転用が難しく、簡略的過ぎるか、過度に細かすぎるかといった両極端なことが多く、全体的な有用性は限定的である。この発表では、まず食農システムや食のシステムに関する既存の持続可能性評価方法について再検討する。その結果として、食の安全に関する拡大された概念は、単なるカロリー摂取ではなく、食農システムの長期的な持続可能性や社会生態学的健全性を示唆するものであり、異なるスケールにて活用できる包括的な枠組みをもたらすものであると主張する。日本国内の都道府県レベルにてこの枠組みを試験的に用いた後、プラネタリー・バウンダリーをより実用可能な範囲にスケール・ダウンする妥当性を反映しながら、持続可能性評価に関する議論を展開する。

(原文)How do we measure the transition from an unsustainable agrifood system to a sustainable one? Various scholars, institutions, and citizen groups have created a diverse set of tools for evaluating agrifood systems to aid in gauging the progress of sustainability transitions. These evaluative tools are often limited to national-level scales, are difficult to translate to smaller, more strategically potent scales (regional, municipal), and tend to be either too simple or overly detailed which limits their overall usability. After a quick review of some existing agrifood and food system sustainability assessment methodologies, we argue that an expanded notion of food security, implying long-term sustainability and socio-ecological health of agrifood systems rather than simple access to calories, provides a holistic framework able to work at different scales. After testing the framework at the prefectural scale in Japan, we open the sustainability assessment discussion further by reflecting on the applicability of scaling down planetary boundaries to more workable dimensions.

ワークショップの参加報告ブログは、こちらのリンクよりご覧頂けます。

発表するマックグリービーPL(撮影:田村典江)