2018年 7月 03日

国際ジャーナル『Journal of Rural Studies』に農村再生に関する論文掲載

FEAST HQ WG2_Publications

久野秀二先生(京都大学/プロジェクト・メンバー)、秋津元輝先生(京都大学/WG2チェア)、スティーブン・マックグリービーPLの論文「Revitalising rurality under the neoliberal transformation of agriculture: Experiences of re-agrarianisation in Japan」が、国際ジャーナルJournal of Rural Studiesに掲載されました。

“Revitalising rurality under the neoliberal transformation of agriculture: Experiences of re-agrarianisation in Japan” by Shuji Hisano, Motoki Akitsu, Steven R. McGreevy

Abstract: Rural places are continually experiencing socio-economic change and the conceptual frameworks of re-de-agrarianisation and re-de-peasantisation were devised to explain agrarian transformations in a broad sense. Following empirical studies from other geographical contexts, this paper revisits the concepts of re-de-agrarianisation and re-de-peasantisation through the historical, theoretical, and empirical lens of agrarian and rural change in Japan. After detailing the circumstances of post-WWII agricultural reconstruction and current rural conditions, as well as outlining the development of the field of Japanese agrarian studies and a selection of the endogenous theories within to explain transformations, contemporary examples and a case study are used to provide a rich contextual account of Japan’s experiences of re-agrarianisation and re-peasantisation. We find that economic, social, cultural, geopolitical, and biophysical conditions in Japan have shaped the processes of agrarian change and bring into focus particular uniqueness of endogenous responses to de-agrarianisation and neoliberal agricultural trends. In particular, socio-cultural pressure to cooperate and identify with local community and place allows “peasant-like” elements to persist despite the strong push toward entrepreneurial and corporate farming. Understanding these trajectories of the transformation of Japanese agriculture would then challenge and/or validate the applicability of commonly accepted definitions of de-re-agrarianisation and de-re-peasantisation.

Keywords:Re-agrarianisation; Re-peasantisation; Japanese agrarian studies; Advanced farming entities; Community farming enterprises

Highlights:
•The experiences of Japan’s agricultural development provide a rich context for re-examining de- re- binary categorisation.
•Rural change in Japan indicates that the boundaries between development pathways and farming modes are varying and blurred.
•The de-peasantisation process typical to the development of a stratified agriculture was largely avoided in Japan.
•A re-agrarianisation at all costs approach to stem the decline of agriculture has engendered hybrid-moded farming entities.

「新自由主義的農業改革下における農村再生:日本における再農業化の経験」久野秀二、秋津元輝、スティーブン・マックグリービー

要旨:農村はつねに社会的かつ経済的変化のなかにある。その中で、農業・農村転換を広義に捉えて説明するために、「再/脱農業化(re-de-agrarianisation)」や「再/脱小農化(re-de-peasantisation)」という理論的枠組みが考案されている。本研究は、海外の経験的研究を参照しつつ、日本における農業と農村の変化に関する歴史的、理論的、経験的分析を通じて、再/脱農業化と再/脱小農化について再検討するものである。まず、第二次世界大戦後の日本における農業の展開と現状を紹介し、その転換を説明する日本の農業・農村研究および国内独自の理論について検討する。その上で、現状報告や個別の事例調査から、日本における再農業化、再小農化について幅広く検討する。その結果、日本では、経済的、社会的、文化的、地政学的、生物環境的な諸条件が、農業の変貌過程を方向づけ、脱農業化や農業の新自由主義的潮流のなかで日本独自の対応を生み出してきたことを明らかにした。とりわけ、企業的また会社的農業経営をめざす強力な政策圧力にも関わらず、地域社会と協調し場所自体と一体化するという社会文化的な圧力によって、「小農的(peasant-like)」要素が根強く残されてきた。このような日本農業の変遷の軌跡を解明することは、翻って、これまで共有されてきた脱/再農業化と脱/再小農化に関する定義について、確認や再考を促すだろう。

キーワード:再農業化、再小農化、日本の農業・農村研究、先進的農業経営体、集落営農組織

論点:
‐日本農業の展開過程を事例として、農業の転換における「脱」、「再」という二項分類を再検討する。
‐日本における農業・農村変化によると、農業発展の経路と農業経営の様式を介在する境界は多様であり、境界自体も明確でない。
‐農業における階層分化により脱農業化が進展するというプロセスは日本では回避されてきた。
‐再農業化を進めて何としてでも農業の衰退を食い止めようとする方策は、複合的様式の農業経営体を生み出している。

(和文:秋津元輝、Yuko K.)

Read More