//WORKING GROUP 2

地域社会における食の倫理と
消費行動への働きかけ

Collaborative Approaches for Food Ethics, Citizenship, and Behavioral Change
このグループの取り組み

食と農に関する問題は、生産・流通・小売・消費・廃棄を含むシステム全体として考えなければなりません。しかし、今、日本において食べものの生産と消費はかけ離れており、その間の流通、加工、小売、廃棄などの過程はとても見えにくくなっています。将来にわたって生活の質を高める、食と農の新たなあり方への「転換」(transition)のためには、食と農をつなぐさまざまな人びとが連携して、問題に取り組めるしくみが必要です。

WG2では、そのような取り組みを支えるツールや理論を作りだしています。たとえば、「フード・ポリシー・カウンシル」(地域における食と農の問題に対して、住民や事業者の知恵を編み出す組織)を、京都府京都市と亀岡市、長野県長野市、秋田県能代市で、地域の皆さんと一緒に作り、そのプロセスを調査しています。日本各地でのこうしたアクション・リサーチを通じて、コミュニティのなかで社会活動の萌芽を育てるための理論研究を行い、学際的研究に貢献します。

主なメンバー
秋津元輝
京都大学・教授

GROUP CHAIR

専門分野は、農業・食料社会学、食農倫理学です。日本の農村に関する社会研究から出発し、農村地域が抱えるさまざまな社会問題の研究と、その実践的解決策を模索しています。日本の農村との比較のために、韓国、中国、タイ、タンザニア、ハンガリーなどの農村調査も行ってきました。近年は、農産物や食を通じた人間関係、特に倫理的な食消費に関心があります。
立川雅司
名古屋大学・教授

HEADQUARTER

バイオテクノロジーなどの科学-技術が、農業・食料分野に及ぼす、社会経済的な影響を研究しています。関連するトピックは、科学-技術と社会、食品安全ガバナンス、そして革新的技術の規制の問題との間の相互作用などです。またポスト生産主義下における農村のあり方、現代の食糧経済への社会学的/倫理的な問題も私の研究分野です。
谷口吉光
秋田県立大学・教授
農・食・環境に関わる幅広い問題について、地域の人々と一緒に問題解決に取り組んでいます。1996年、全国に先がけて「地産地消を進める会」を結成(現在はNPO法人。代表理事)。八郎湖の環境再生と地域再生をめざすNPO法人はちろうプロジェクト副代表理事、NPO法人あきた地域資源ネットワーク理事、NPO法人民間稲作研究所理事などを務めています。
中村麻里
名古屋文理大学・教授
食文化、食生活が主な研究分野です。具体的には、スローフード運動と食育政策などを対象とした調査研究を行っています。大学卒業後、食品メーカーに入社し、30代になってから母校の大学院に戻り「食べること」に関する社会学研究を始めました。日々の食事における選択、「なぜ私たちはこの食べ物を選ぶのだろう?」という疑問にずっと取り組んでいます。
太田和彦
総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員

HEADQUARTER

「食べる者、食べさせる者、食べられる者」の3つの立場から、食農システムの倫理について研究しています。関心があるのは、環境倫理学はなぜ土壌を見落としてしまったのか、日本において資源を賢明に利用するとはどういうことなのか、未来を語ることが積極的に働く場所はどのように生まれるのか、などです。以前は高校の生物の先生でした。
ギャラリー
成果・まとめ
,,,

30年後の地域の日常的な理想の食卓-第2回能代ワークショップを開催しました。

10月17日(月)に、秋田県能代市で第二回能代トランジション食農ワークショップが開催されました。 FEASTでは、プロジェクトの一環として、地域のみなさまのご協力のもと、職業も年代も異なる地元の人たちが集まって、食を通じ ... Read More