//WORKING GROUP 3

政策と実践における
アグロエコロジカルな農林水産の戦略

Agroecological Production Strategies in Policy and Practice
このグループの取り組み

アジアの食の生産は、今、転換期にあります。途上国では都市化が、先進国では人口減少が進み、地域の農山漁村や農林水産業の存続が危機にさらされています。また食の生産の過度の市場化は、農畜水産物を「食べもの」から「換金商品」へと変化させ、地域の生活や景観、食の営みの質を変化させます。

食の生産の転換にはいくつかの方向性がありえますが、WG3ではアグロエコロジカルな生産に向けた転換がどう生じるかに着目して研究を行います。アグロエコロジーとは、生態系の原則を応用して持続可能な食の生産過程をデザインしようとする考え方です。科学であり、運動であり、姿勢でもあります。地域の食の生産の政策と実践により形作られていきます。そこでWG3では、政策と実践におけるアグロエコロジカルな生産の戦略を研究対象とします。地域の自己決定と自律を保障するような政策のあり方、土地に密着した生産者の知識や技術、都市と農村との連帯、持続可能な動物性資源の利用などについて、日本とブータン、中国をサイトとして研究し、食の生産の転換やその要因について考察します。

主なメンバー
田村典江
総合地球環境学研究所・上級研究員
GROUP CHAIR

HEADQUARTER

兵庫県西宮市生まれ。民間シンクタンク勤務を経て、2016年度より総合地球環境学研究所で、プロジェクト上級研究員として活動しています。日本の農林水産業や農山漁村を主な関心領域として、自然資源管理、コモンズ、人材育成、政策形成などの研究をしています。2007年、京都大学にて学位取得。博士(農学)。

小林舞
総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員
HEADQUARTER
大学時代から食をとおして見えてくる環境・社会・政治経済のかかわりと問題に関心を持ち、実際に農園で働いたり、農村を訪ねたりしながら「美味しい食」への理解を深めてきました。大学院では小農(peasant farmer)の持続可能性をテーマとして、京都市大原地区の新規参入農家の特性や挑戦に関する聞き取り調査、ブータン西部における開発と有機農業政策における対応に関する研究を行いました。2016年、京都大学にて学位取得。博士(地球環境学)。
マキシミリアン・スピーゲルバーグ
総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員
HEADQUARTER
領域、文化、技能の枠組みを超えた交流を通じた持続可能な社会への転換に興味があり、様々な国や地域で暮らしながら研究や仕事をしてきました。2017年に、京都大学にて環境マネジメント専攻の博士号を取得し、現在は総合地球環境学研究所FEASTプロジェクトの研究員として勤務しています。最近は、オーガニック・マーケット、養蜂、(都市)農園を中心に研究を進めています。
田中敬子
ケンタッキー大学、コミュニティーとリーダーシップ開発学部・准教授
グローバルな文脈において農業科学技術がどのように生産と消費の関係を形成していくかに関心をもっています。最近は食の安全、健康食品、農業の持続可能性、そして地域農業を取り巻く知識政治(knowledge politics)に関する研究を進めています。社会学部のほか、持続可能な農業プログラムの講義を農業大学とイギリスの優等学位プログラムでも開講しています。また、イギリスのアジア・センターの運営責任者として、イギリスの各地域とケンタッキー州の人々を対象としたアジアの地域社会・文化に関する教育と普及活動を行っています。1997年、ミシガン州立大学で学位取得。博士(社会学)。
大石高典
東京外国語大学、世界言語社会教育センター・講師
小学生時代の魚釣りへの興味をきっかけに、食を通じた環境問題へのアプローチに関心を持ちました。京都大学大学院理学研究科を研究指導認定退学後、同大学こころの未来研究センター特定研究員、総合地球環境学研究所プロジェクト研究員などを経て現職。2014年、京都大学で学位取得。博士(地域研究)
荘林幹太郎
学習院女子大学・教授
日本における天然資源および農業資源の効率的分配につながる政策立案への貢献に関心があります。世界銀行の最高執行責任者としてワシントンD.C.に勤務後、農林水産省に戻り、日本における灌漑政策の立案を担当。また、上級アナリストとして経済協力開発機構に勤務中、農業の多面的機能とその政策的含意に関する報告書を執筆。帰国後は、滋賀県庁で、当時の日本では前例のなかった、環境保全の要件を満たす農家を対象とした「環境保全型農業への支払制度」を発足させる委員会のコアメンバーとして活動しました。農林水産省の任務を終え、2007年より主に水資源と農業政策の研究を行っています。環境保全と農村社会の保全を両立させる有効な政策メカニズムの開発方法を研究課題としています。
 
ダニエル・ナイルズ
総合地球環境学研究所・准教授
人文環境地理学の観点から、人々が自然を理解する方法に興味をもっています。特に、古くからの農業生態学的な複合体にみられる物質的・非物質的な文化的要素の関係と、それらがどのように、自然や環境、景観、農業、人々についての特定の理解を促進させることができるかに関心があります。私は、ベルリンの世界文化の家(HKW)、および、「知識・学習・社会変容」研究連合(KLASICA)で、人新世のカリキュラムに参加しています。また、世界農業遺産システム(GIAHS)を認証するFAOのプログラムの科学委員会のメンバーを務めていました。この活動はFEASTでのGIAHS研究へと続いています。客員研究員として、マックス・プランク科学史研究所とカリフォルニア大学バークレー校に籍を置いています。最近の出版物として、論文「文化的な遺物でなく、伝統的農業および生活の知恵の保全」(J. Ecol and Res. 2016 7(3))や、「日本列島における人間と自然」と題され、総合地球環境学研究所から出版されたイラスト入りの本があります。2007年、クラーク大学で学位取得。博士(地理学)。
 
河合史子
オーストラリア国立大学・博士後期課程
生物文化多様性保存に興味があり、「日本の在来種の野菜のタネと採取技術、関連文化をどうやって次世代に継承するか」というテーマで研究をしています。研究をとおして在来種を取り巻く状況を1ミリでも明るくできたらと思っています。キャンベラで自然農とタネ採りを自分でもやってみようと畑を探し中です。
ギャラリー
成果・まとめ
,,,

シンポジウム「ファーマーズマーケットのあるくらし:持続可能な社会へのトランジション」音声記録

2017年11月23日に、peace flagプロジェクトさんと共催で開催したシンポジウム「ファーマーズマーケットのあるくらし:持続可能な社会へのトランジション」の音声記録をYoutubeにアップしました! #1 開会の ... Read More

,,

「日韓ワークショップ:持続可能な発展と東アジアのコモンズ」の開催報告が地球研ニュースレターに掲載されました

去る2月11日~12日に、韓国済州大学のコモンズと持続可能な社会研究センターの研究者と第9回KYOTO地球環境の殿堂に殿堂入りされたマーガレット・マッキ―ン先生をお招きして、「日韓ワークショップ:持続可能な発展と東アジア ... Read More

,,

ワークショップ「狩猟鳥獣肉は日常になりうるか、なるべきか」を開催しました!

10月21日(金)から23日(日)に北海道沙流郡日高町で開催された第4回狩猟サミットで、自主企画として「狩猟鳥獣肉は日常になりうるか、なるべきか」と題したワークショップを開催しました。一日目に開催したワークショップでは、 ... Read More