//WORKING GROUP 4

地域の持続的発展を支える
環境影響表示ツールの開発

Co-designing Agri-food Eco-Branding Tools for Supporting Sustainable Regions
このグループの取り組み

WG4は、将来にわたって食を確保する農業とその基礎となる自然環境を保全するという観点から、環境保全型農業とその重要性を認識できるラベルなどその方法論・具体的手法とその実証的研究を行っています。言い換えれば、「持続可能な地域に根ざした環境品質手段の模索」が私たちのテーマです。具体的には、地域の食料生産から消費に至るサプライチェーンにおける品質管理・品質保証のための産品・製品・商品の表示方法(エコラベルなど)とその科学的根拠作りです。最終的には、科学的な論拠に基づいた新しいラベルなどの表示方法の開発と市場への浸透、その場合の消費者感度や普及可能性を探求しています。今後の5年間の研究目標は以下の4つです。①亀岡など、日本各地での地域環境保全型ブランドであるクルベジ(COOL VEGE)の生産・販売を通じたブランド開発。②地域環境保全型ブランドのラベル表示における科学的保証方法の確立。③地域に根ざした環境保全型各種農業産品・製品・商品モデル開発。④環境保全型農業手法のガイドライン設定。

主なメンバー
柴田 晃
立命館大学・教授
GROUP CHAIR
一緒に飲み、話し、笑いましょう!
須藤 重人
農業・食品産業技術総合研究機構・上級研究員
GROUP CHAIR
気象学と農学に焦点を当てて、地球温暖化やオゾン層破壊、水象問題を含む環境リスクの削減の研究をしています。気象学での主な業績のひとつに、ガスクロマトグラフィーを用いた大気中の微量気体の新たな分析手法の開発があります。また、環境問題においては科学と社会経済学の双方の解決策を統合することの重要性を強調しています。
岸本(莫)文紅
農業・食品産業技術総合研究機構・上級研究員

中国南部の広西壮族自治区出身。北京大学生物学部、中国科学院植物研究所で修士課程を経て、日本の岐阜大学に留学しました。研究対象は、自然生態系(森林、草原、ツンドラ)から人間活動の場である農耕地生態系まで。現在、農耕地での温暖化緩和策について研究しています。

白戸 康人
農業・食品産業技術総合研究機構・ユニット長
土壌は地球を救う! 今まで、日本やアジア各地のいろいろな場所で穴を掘って土壌を見てきました。土壌への炭素貯留による気候変動緩和を中心に研究しています。
田靡 裕祐
立教大学・助教
価値体系や価値観の社会経済的背景に関心があります。このプロジェクトでは、エコブランド農作物を消費者がどのように評価し、受容するのかについて、定量的に分析しています。
大澤 剛士
農業・食品産業技術総合研究機構・主任研究員
持続可能な農業のための土地利用政策/マネジメント計画に興味があります。近年では作物の種類や圃場整備、放棄といった農地利用の種類に焦点を当てて研究をしています。
周 勝 (ZHOU Sheng)
上海市農業科学院・研究員(グループリーダー)
上海市農業科学院上級研究員。上海市土壌肥料学会理事。農業分野の温室効果ガスの緩和や農業廃水処理、農業廃棄物リサイクルについて研究をしています。
馬 佳 (MA Jia)
上海市農業科学院・副研究員
上海土地利用学会副幹事。土地利用経済と都市農業経済管理を主な研究分野としています。
ギャラリー
成果・まとめ

クルベジ農場起耕式が行われました。

WG4では、地球温暖化を緩和するような生産システムの開発と、実際に取り組む生産者を地域全体で支援するしくみづくりの社会実験を行っています。実験地である亀岡市内の農場で、8月4日(木)、連携パートナーの日本クルベジ協会さん ... Read More