第23回地域連携セミナー「ミツバチと共に未来をつくる ~ミツバチに優しいまちづくり・私たちにできること~」@中京区役所(FEASTプロジェクト研究員 マキシミリアン・スピーゲルバーグ、地球研外来研究員 真貝理香、地球研広報係 木村葵、オープンチームサイエンスPL 近藤康久、FEASTプロジェクト上級研究員 クリストフ・ルプレヒト)

FEAST HQ イベント, セミナー、ワークショップ, レポート

FEASTミツバチチームは、京都市中京区役所、地球研の広報係、オープンチームサイエンスプロジェクトと共に、去る11月4日(日)に中京区役所に会場を提供頂き、第23回地球研地域連携セミナー「ミツバチと共に未来をつくる ~ミツバチに優しいまちづくり・私たちにできること~」を開催致しました。このイベントには、日本野鳥の会京都支部公益財団法人京都市都市緑化協会のみなさまにご協力頂いたほか、京都ニホンミツバチ週末養蜂の会認定NPO法人環境市民堀川みどりのまちづくり会楽西自然農園のみなさまにもご後援頂きました。

事前申込み制のイベントだったのですが、あっという間に参加定員がいっぱいとなり、京都でも、本イベントのテーマである「ミツバチとの共に未来をつくる」というテーマが、京都においても、一般の方々から高い関心を集めていることが見て取れました。最終的に、参加者が100名を超える大盛況で、ミツバチ、養蜂、ハチミツについて学ぶこと、屋上養蜂プロジェクトの見学、ハチミツのテイスティング、そして協力・後援団体の活動紹介ブースやパネルディスカッションでの意見交換といった内容に興味を持って頂いたようです。主催者として、この上ない成果だったと感じています。

イベントの前には、ハッシュタグ #38やさしいまち の運用を開始し、ソーシャルネットワークを活用した、日本におけるミツバチにやさしい街づくりに役立つ情報収集を始めました。まずは手始めに、イベントの概要をライブツイートすることから始めました。将来的には、さまざまなアクターや京都以外の地域からも情報が寄せられればと思っています。

地域連携セミナーに先立って、中京区役所の屋上庭園の養蜂プロジェクトの見学ツアーを行い、京・みつばちの会中京・花とみどりの会のボランティアのみなさまが、取り組みについて説明してくださいました。開会の挨拶では、中京区・区長の松田晃郎氏から区役所が取り組む屋上緑化と養蜂についての説明があり、続いて地球研・所長の安成哲三からは、ミツバチが農業と環境にどれだけ重要な役割を担っているか、またニホンミツバチは環境に敏感であるため、地球温暖化の指標になり得る可能性について話がありました。

続いて、地球研外来研究員の真貝理香より、日本の養蜂やミツバチの状況に関する報告を行いました。わたしたちミツバチ研究チームは、地球研の若手研究者を対象とした研究予算を獲得し、京都市民700名にアンケート調査を実施しました。その結果から、特に退職者を中心とした趣味で養蜂を行う人々が増加傾向にあること、若年層がハチミツの消費に関心を寄せていること、また全体的に都市緑化と養蜂プロジェクトに対し寛容であることが明らかとなりました。

そして今回のセミナーでは、『ひとさじのはちみつ』などベストセラーを多く出版されている前田京子氏に基調講演をいただきました。前田氏からは、あまり知られていませんが、ハチミツには薬局の医薬品として指定されているものもあり、効能にはのど風邪の予防、栄養剤、唇の荒れ、皮膚の保護などがあるとお話しがありました。また、はちみつをひとさじ舐める時の方法を教えていただき、その場でみんなで実践しました。飲み込む際にのどにヒリヒリと感じる場合は、すでに炎症がおきているそうです。また、ハチミツも野菜などと同じく、だれがどこで、何を蜜源植物として作ったものかが分かるものを手に入れるようにとアドバイスがありました。

休憩時間は、参加者の方々は、講演者やパネリストの方々と直接お話ししたり、質問をする機会となりました。また、協力・後援団体のみなさまには、それぞれの緑化やミツバチにやさしい街づくりの活動に関する展示ブースを会場後方にご準備頂きました。地球研からはミツバチ関係の書籍の展示コーナーを設けたほか、Au Bon Mielさんのおいしいハチミツ4種(国産シナノキ、リンゴ、ソバ、ニューカレドニアのピンクペッパー、キルギスの白いハチミツ)のテイスティングを行い、参加者の方々に、一言でハチミツと言えど、どれだけ味が異なるのか実際に試して頂きました。

イベントの最後はパネルディスカッションで、以下の4名のパネリストの方からそれぞれご報告いただきました。

-西村勇氏(中京・花とみどりの会代表):中京区役所屋上での養蜂に関する取組み

-寺田綾乃氏(日本野鳥の会京都支部):愛鳥家からみる虫や京都のまち

-佐伯昌和氏(有機農家・ JA 京都市朱雀野支部支部長):都市農業

-田中泰介氏(京都市建設局みどり政策推進室緑化推進課長):京都市が取組む緑化や公園等の整備

その後、フロアからは、「ミツバチをマンションなど集合住宅で飼うにはどうすればいい?」「都市農業では、野菜は盗まれたりしないの?」「緑化活動にはどうすれば参加できる?」などといった質問がありパネリストからコメントをもらいました。司会のクリストフ・ルプレヒト(FEASTプロジェクト上級研究員)からも「植樹のサポーターのように、養蜂のサポーターをつのることか可能か?」と提案がありました。

幸いなことに、この地域連携セミナー後の活動につきましても、地球研内の研究資金を獲得することができました。引き続き、同様の参加・行動型の催しを計画し、ステークホルダーのみなさまと協働で、ミツバチにやさしい街づくりに向けたより具体的な議論を進めていく予定です。

(一部和訳&校正:Yuko K.)

セミナーの録画映像をこちらのリンクからご覧いただけます。

前半:https://www.youtube.com/watch?v=YulHc4PJP3Q

後半:https://www.youtube.com/watch?v=W3uuX5QkBl8

イベントチラシ

#38やさしいまち

中京区役所屋上養蜂プロジェクトの見学(撮影:FEAST)

 

 

 

 

 

前田京子氏による基調講演(撮影:FEAST)

真貝外来研究員からの報告(撮影:FEAST)

多くの方にご参加頂きました(撮影:FEAST)

パネルディスカッション(撮影:FEAST)

ブースの様子(撮影:FEAST)

展示物(撮影:FEAST)

ハチミツのテイスティング(撮影:FEAST)

アンケート結果