アメリカ地理学会2018年大会にて都市における食の生産のマッピングのセッション企画・発表

FEAST HQ WG1_Publications

2018年4月10日~14日に米国ルイジアナ州ニューオリンズで開催されたアメリカ地理学会(AAG)2018年大会にて、「Mapping urban food production/都市における食の生産のマッピング」のセッションを2つオーガナイズし、FEASTメンバーも下記の2つの発表を行いました。

Mapping urban food production I
Mapping urban food production I

1. “Assessing supply-demand balance of nitrogen toward local-scale organic material circulation: a case study of suburban residential district in Metro Manila”
Yuji Hara, Yuki Sampei
Keywords: supply-demand balance of nitrogen, compost, vacant lots, subdivision development area, barangay, GIS

This study focused on assessing supply-demand balance of nitrogen in compost/vegetable productions at vacant lots in subdivisions as well as in barangays, in Quezon City in Metro Manila. We obtained data on the recommended rate of fertilizer application per each vegetable from the precedent studies. The analysis of composition of sample compost was conducted and a total nitrogen amount of locally produced compost was estimated. GIS was used for understanding spatial characteristics of nitrogen balance. We found that almost half of the subdivisions were faced to oversupply though several subdivisions were deemed to be in quite short supply. Cooperation among subdivisions in each barangay had a potential of better nitrogen balance; however, the current centralized composting facilities might not be good support for continued compost recycle system because of their distribution patterns. We proposed that the current barangay-based policies on organic waste management and urban agriculture should be more flexible and more attentions to coordinating system between subdivisions across barangay boundaries. This scheme can contribute to further organic material recycling within living spaces, thereby promoting sustainable living spaces in the suburban residential area.

メトロマニラ郊外部を対象とした有機性廃棄物の地域内循環実現性
原祐二、三瓶由紀
キーワード:窒素受給バランス、堆肥、空き地、分割開発地、バランガイ、GIS

(和訳)本研究では、メトロ・マニラ(マニラ首都圏)に位置するケソン市のバランガイ(barangay:最小の地方自治単位)および居住区画内の空き地にて行われているコンポストや野菜栽培の窒素受給バランスを評価する。まず、先行研究による各野菜への施肥推奨量に関するデータを用いた。また、堆肥サンプルの組成分析を行い、地域内で生産された堆肥の総窒素量の推定値を算出した。また、窒素バランスの地理空間的特徴を把握するためGISを用いた。その結果から、居住区画のほぼ半数は供給過剰の状態にある一方、複数の区画においてはかなり不足していることが判明した。また、各バランガイ内の区画間が連携することにより、窒素バランスのより良い均衡を生み出し得ることが明らかとなった。しかし、現行の集約型の堆肥生産施設は、分布パターンに課題があり、コンポストリサイクルシステムの継続を支えるには十分でない。よって、現行のバランガイを基礎単位とした有機廃棄物管理と都市農業に関する政策は、柔軟性を高め、バランガイという境界を超えた居住区画間の調整システムに注目すべきであると提案する。そういったスキームにより、人々の生活空間内での有機物リサイクルを促進することができ、郊外住宅地における持続可能な生活空間の確立につながる。

2. “Mapping agricultural land use change in Kyoto City (Japan) from 2007 to 2017”
Kimisato Oda*, Christoph Rupprecht
The sustainability of agrifood systems in Asia is threatened by the decline of small-scale farming due to globalizing market forces. Agricultural land in urban and peri-urban areas is important not only as a supply source of agricultural products but also as green open space, disaster evacuation space, and other ecosystem services such as rainwater storage and water circulation. GIS-based mapping is effective for grasping the extent of agricultural land use changes, but even government or administration-developed databases fall short of providing a full picture. In this research, we combined existing datasets with satellite imagery from Google Earth, ground-based photography from Google street view and on-site surveys to map changes in urban farmland in the basin of Kyoto City from 2007 to 2017 using QGIS. We discuss observed patterns of decline as well as methodological challenges and directions for future research.

「2007年~2017年の京都市における農地の変遷のマッピング」
小田龍聖、クリストフ・ルプレヒト
市場のグローバル化により小規模農業は衰退の一途を辿っており、アジアにおける食農体系の持続可能性は危ぶまれている。都市部や都市周辺部における農地は、農産物の供給といった観点からのみでなく、緑のオープンスペース、災害時の避難場所、更には雨水の貯蔵や水循環といった生態系サービスといった観点から鑑みても重要である。GISを用いたマッピングは、農地利用の変遷を把握するのに有用であるにも関わらず、政府や行政のデータベースでは全体像を把握することができないのが現状である。本調査では、2007年から2017年にかけての京都盆地の都市部農地の変遷を把握すべく、既存のデータにGoogle Earthによる衛星画像、Googleストリートビューの地上写真、現地調査を組み合わせ、QGISを用いてマッピングを行った。調査で明らかとなった農地減少のパターンについて考察するほか、方法論の課題や今後の研究の方向性についても触れる。

(和訳:Yuko K)

AAG2018の参加報告ブログは、こちらのリンクよりご覧いただけます。