[email protected]香港にてセッション企画・発表

FEAST HQ WG2_Publications, WG3_Publications, WG6_Publications

2019年6月26日~29日に香港科技大学にて、『2019 Hong Kong Conference of the Global Research Forum on Sustainable Production and Consumption』が開催されました。本学会で、プロジェクトリーダーのスティーブン・マックグリービーは、27日の「Session 2d: Changing Personal and Public Consumption: Experiences and Movements (S-15)」と29日の「Session 4a: Food Futures in Asia: Imagining and Experimenting with Post-Growth Food Procurement and Consumption to Redefine Rural-Urban Linkages (S-06)」の2つのセッションのほか、29日の基調講演のセッションでも議長を務めました。FEASTチームは、29日のセッションにて、以下の発表を行いました。

セッションタイトル: Food futures in Asia: imagining and experimenting with post-growth food procurement and consumption to redefine rural-urban linkages
アジアの食の未来:ポスト成長期における食の調達・消費の想像と新手法~都市と農村のつながりを再定義する
チェア: Steven McGreevy /スティーブン・マックグリービー

要旨
(原文)Radical, strategic, and wide-ranging transformation of the food system is needed for long-term global sustainability in the post-growth era. Among the myriad of changes needed in how we produced, consume, and govern food, two dimensions are of particular interest: the enabling role of future visions to initiate change and the ways in which traditional relationships between production-consumption and rural-urban areas will need to be altered to reach “one-planet lifestyles.” Models of socio-technical change processes are often anchored by the existence of compelling, collectively-held visions of the future that underlie shifts in individual behaviour and inspire strategic action and policies. Given the ubiquitous nature of food in our daily lives, visions of more sustainable food futures are linked to systemic change beyond the food sector and also question fundamental cultural values. At the same time, radical changes to food systems will require alternative, low-impact repatterning of food production and consumption economic and social linkages. These new patterns, and their accompanying practices, must reconceive the taken-for-granted dynamic between rural areas as primary centers of production and cities as sites of consumption and suggest new forms of food co-production and hybridized lifestyles.
This session(s) focuses on visions of the future of food procurement and consumption in Asia and how alternative practices redefine rural-urban linkages. The research presented is part of the FEAST Project (Lifeworlds of Sustainable Food Consumption and Production: Agrifood Systems in Transition) based at the Research Institute of Humanity and Nature in Kyoto, Japan and centers primarily on three sites in Asia- Japan, Thailand, and Bhutan. The presentations report on stakeholder workshop-generated visions and experimental methodologies to explore the policy implications of living in alternative food futures, overarching frames to reimagine urban and rural living and food production, and the ways in which diets might diversify and change to reduce footprints and reconnect food with natural ecosystems.

(和訳)ポスト成長期において地球の長期的な持続可能性を実現するには、食のシステムの抜本的かつ戦略的、そして広域な転換が必要である。食の生産、消費、ガバナンスのあり方には多種多様な変革が必要であるが、ここでは、変革を起こすにあたり未来のビジョンがどのような役割を担うのか、また「One-planet lifestyle~地球にちょうどいい生き方」を実現するためには、生産と消費、都市と農村の間に伝統的に存在してきた関係はどのように移行すべきか、という2点に着目する。そして、社会技術革新プロセスのモデルは、説得力があり、社会に受け入れられている未来のビジョンが支えており、そうしたビジョンは、個人の行動の変容の基礎となるものであり、戦略的行動や政策を引き起こす。また、食は私たちの日常生活の至る所に存在しているため、食のより持続可能な未来のビジョンは、食のセクターに留まらない、システムの変革に関係するものであり、また根本的な文化的価値観に疑問を投げかけるものである。同時に、食のシステムの抜本的変革には、オルタナティブで、負荷の少ない食の生産経済・消費経済および社会連帯のパターンを再形成する必要がある。こうした新しいパターンとそれに伴う実践は、生産の中心である農村部とその消費を行う都市部に当たり前に存在していたダイナミクスを刷新し、食の共同生産と混成的な暮らしの新しいあり方を提案するものでなくてはならない。
本セッションでは、アジアにおける食の調達と消費の未来像、そしてオルタナティブな食の実践がどのように都市と農村のつながりを再定義するのかについて焦点を当てる。報告は、京都に拠点を置く総合地球環境学研究所の「持続可能な食の消費と生産を実現するライフワールドの構築:食農体系の転換に向けて(FEAST)」プロジェクトの調査地3ヶ所-日本、タイ、ブータン-での研究成果の一環である。ステークホルダーを対象としたワークショップで生まれたビジョンやオルタナティブな食の未来での暮らしがもたらす政策的含意、都市と農村の暮らしと食の生産を再考する包括的な枠組み、またフットプリントを削減し、食と自然生態系を再びつなぐためにどのように食が多様化、あるいは変容するのかについて検証する実験的手法について報告する。

● Storifying visions of future food-related social practices & mapping emergence pathways in material-competency-meaning chains: three cases from Bangkok/ 未来の食の実践のビジョンのストーリー化と物質・適性・意味連鎖の筋道のマッピング:バンコクの3つの事例から
Steven McGreevy/スティーブン・マックグリービー

● Imagining satomachi: A radical vision for post-growth Japanese cities based on biocultural diversity and urban landscape stewardship/ さとまちを描く:ポスト成長期の日本における都市の生物文化的多様性と都市の景観管理に基づいた急進的ビジョン
Christoph Rupprecht/クリストフ・ルプレヒト

● Playing with food visions—using gaming methods to experiment with sustainable food governance and refine future pathways in Japan/ 食のビジョンで遊ぶ:持続可能な食のガバナンスを試行し、日本の未来のシナリオを精緻化するゲーミング手法
Kazuhiko Ota/太田和彦

● Beyond extractive relationships for upland Asia: exploring dependency and sufficiency in an urbanizing age/ アジアの山間部における搾取を超えた関係へ:都市化時代の依存と充足性の検証
Max Spiegelberg/マキシミリアン・スピーゲルバーグ

● To eat or not to eat: Bhutan’s changing landscape of meat consumption and sin/ 食うべきか、食わざるべきか:ブータンの食肉消費と罪を取り巻くランドスケープの変遷
Mai Kobayashi/小林舞

● The wild food basket in urban Japan — Spreading practices in a post-growth, post-industrialized country/ 日本都市部におけるワイルド・フード・バスケット:ポスト成長期の脱工業化社会にて拡大する実践
Norie Tamura/田村典江

基調講演の紹介を行うマックグリービー(写真:FEAST)