『Asian Apicultural Association Conference 2018』にて日本の養蜂に関する研究成果発表

FEAST HQ WG3_Publications

マキシミリアン・スピーゲルバーグ研究員が、10月22日~25日にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジアの養蜂会議『Asian Apicultural Association Conference: Bees, Environment and Sustainability』に参加しました。この4日間に渡る会議には、アジアの研究者、養蜂家、流通業者など、養蜂に関するさまざまアクターが集まりました。セッションの多くは、自然科学に焦点をあてたもので、アジアで生育しているあらゆる種類のミツバチについて議論されました。スピーゲルバーグ研究員も、「The new force of beekeeping is an old one: about hobby beekeepers in Japan」と題し、日本国内の趣味の養蜂家について発表しました。

<要旨(原文)>
The new force of beekeeping is an old one – About hobby beekeepers in Japan
Research background

Beekeeping in Japan can be divided into hobby, semi-professional, and professional practice. While professional beekeepers use the domesticated A. mellifera to make a living and their activities are fairly well documented, most hobby beekeepers keep the feral or semi-domesticated A. cerana japonica. The literature contains few insights on the latters’ present situation, motivations, challenges, views, as well as policy concerns, despite their important role in connecting landscape ecology and food production. The total number of beekeepers and hives has decreased in Japan to a low point of about 5,000 persons and 170,000 colonies respectively by 2009 (MAFF 2016), less than half of the 1980’s figures. Increases in the statistics since 2013 are largely due to mandating hobby beekeepers nation-wide to also register their hives with prefectural veterinary departments. Here we examine the question whether there might be a positive effect on beekeeper numbers as a result of the growing number of retirees in Japan’s super-aging society.
Main method
Data was collected using 1) seven detailed, semi-structured interviews in the larger Kyoto area with beekeepers, honey-shopkeepers, bee-scientists and beekeeping project organizers, and 2) 237 hobby beekeepers were surveyed at the three main national and one local beekeepers’ events using a structured survey based on the initial interview findings.
Main results
We found that hobby beekeepers
1) start after retirement, often fulfilling themselves a childhood dream,
2) share their knowledge personally and online,
3) began planting themselves nectar plants, and
4) often share honey informally with neighbors, friends and family members.

<要旨(和訳)>
養蜂の未来を担う高齢者 日本における趣味養蜂家
日本の養蜂は、趣味、副業、専業の3種類に分類できる。専業養蜂家はセイヨウミツバチ(A. mellifera)を家畜化しており、その活動記録は比較的多い。その一方で、趣味の養蜂家は野生または半家畜化されたニホンミツバチ(A. cerana japonica.)を用い養蜂を行っている。趣味養蜂も専業養蜂と同様に、景観の中の生態系と食の生産をつなぐ重要な役割を担っているものの、既存の研究においては、その現状、養蜂動機、課題、目的、政策上の問題などに触れているものは数少ない。日本国内では、2009年までに養蜂家は約5,000人、蜂群数は170,000戸まで減少しており、両者ともに1980年代の半数以下である(農林水産省2016)。2013年以降の統計では、その数は増加しているが、それは趣味の養蜂家も管轄都道府県の家畜保健衛生所等への飼育の届出が義務化されたことが大きく起因している。本報告では、日本の超高齢化社会における退職者の増加が、養蜂家の数にプラスの影響を与えているか否か検証する。
研究手法
本研究のデータは、1)京都の養蜂家、ハチミツ販売者、ミツバチの研究者、養蜂プロジェクト運営者を対象として実施した7回の半構造化インタビュー、2)そのインタビュー所見に基づき作成したアンケートを用い、全国区の養蜂イベント(3箇所)と、地方の養蜂イベント(1箇所)にて、237名の趣味養蜂家を対象に実施したアンケート調査の結果に基づく。
主な結果
趣味養蜂家について、以下の4点が判明した:
1)多くが退職後に養蜂を開始しており、幼少期から養蜂に憧れを抱いていた人も多かった。
2)養蜂に関する知識を、人に直接、またはインターネットを介してシェアしている。
3)養蜂開始後、自ら蜜源植物を植え始めた。
4)多くの場合、近隣住民、友人、親類などにハチミツを贈っている。

(和訳:Yuko K.&真貝理香)

(撮影:Maximilian Spiegelberg)

(撮影:Awad Hassan)