アメリカ地理学会2019にて研究成果報告(小林舞、ダニエル・ナイルズ)

FEAST HQ WG3_Publications

2019年4月3日~7日に米国ワシントンD.C.にて開催されたアメリカ地理学会(AAG: American Association of Geographers)2019年大会に、FEASTプロジェクトより、クリストフ・ルプレヒト上級研究員、小林舞研究員、ダニエル・ナイルズ准教授が参加し、研究成果を報告しました。要旨は、以下の通り(ルプレヒト上級研究員分はWG6の成果参照)。また、こちらのリンクより、ブログ記事もご覧いただけます。

Meat in a post-development world: insights from Bhutan
Mai Kobayashi
With Gross National Happiness a globally recognized concept, one could say Bhutan is an experimental laboratory for post-development theories. In an effort to meet Bhutan’s socio-cultural, economic and ecological challenges amidst a quickly changing world, the central government of Bhutan has implemented a number of legislations and rules to regulate and manage the changes taking place. Top down interventions also come in the form of religious teachings through expanding mobility and access to information. Such interventions have both directly and indirectly shaped the ways in which people relate to the production, distribution and consumption of food. Most dramatic, perhaps, has been the transitions observed in how people relate to the production and consumption of meat. This paper sheds light on the changing landscape of food choices and access both in and around city centers in Bhutan as it relates to shifting value politics surrounding Buddhist teachings and notions of development.

ポスト開発時代における食肉:ブータンの事例
小林舞
国民総幸福量(GNH)という概念が世界的にも認知され、ブータンはポスト開発論を試す実験施設のような役割を担っていると言うこともできる。目まぐるしく変わりゆく世界の中で、ブータンも社会文化、経済、環境上の課題に直面している。ブータン政府はその取り組みとして、変化を制御・管理する法律や規定を施行してきた。こうしたトップダウン型の介入は、政府のみでなく宗教の教えという形でも観察される。その背景には、人の移動性が高まったこと、情報へのアクセスが向上したことがある。このような介入は、人々の食の生産・流通・消費への関わり方を直接的にも間接的にも形作っている。中でも、食肉の生産と消費への関わり方が最も劇的な変容を遂げたと言える。本報告では、仏教の教えや開発の概念を取り巻く価値観の移りゆくポリティクスに関わりが深いことから、ブータンの都市部やその周辺地域に着目し、食の選択とアクセスのランドスケープの変遷について解明する。

Patterns in place: the aesthetic dimensions of agroecological sustainability
Daniel Niles
This presentation examines different forms of environmental knowledge, the role of this knowledge in cultural persistence through time, and its consequent significance to the intellectual challenges of the Anthropocene. The paper describes the activity of a master charcoal-maker in Wakayama Prefecture, Japan, who works in a landscape recognized by the United Nations’ Food and Agriculture Organization (FAO) as a Globally Important Agricultural Heritage System—a place of high-value cultural-ecological interaction. While the ecological values of such places are of increasing scientific interest, the ontological and epistemological dimensions of these values—their basis in cultural understandings of the natural agencies, relationships, and interactions in those places—remain remote, even other-worldly. Drawing on theories of material culture and the evolution of knowledge, the persistence of patterns of cultural-ecological interaction is interpreted here as evidence of the persistence of particular bodies of environmental knowledge. Attention to the production and use of charcoal exposes the “overlapping” structure of this knowledge, allowing us to grasp the role of aesthetic sensibilities in linking diverse experiences of human-environmental sustainability.

場所におけるパターンの探求:アグロエコロジカルな持続可能性の美学的側面について
ダニエル・ナイルズ
本報告では、まず環境知識のさまざまなあり方について検証し、そうした知識が時を超えた文化の存続にどのような役割を担うのか、そして結果としてアンソロポシーン(人新世)における知的課題にどのような意義を成すのか考察する。中でも、地域の伝統文化と環境の相互関係の価値が高く、国連食糧農業機関(FAO)が世界重要農業遺産システム(GIAHS)に認定した和歌山県のランドスケープで、炭焼きを生業とする炭職人に焦点を当てる。こういった場所の生態学的価値が科学的観点からも注目されるようになる一方で、こうした場所における自然の力、関係性、相互作用を文化的に理解するための基礎となる、価値観のオントロジカル(存在論的)、エピステモロジカル(認識論的)な側面は、私たちから遠くかけ離れた存在であり、別世界のもののようであるとも言える。物質文化や知識進化といった概念を用いると、文化と環境の相互関係のパターンが存続するのは、特定の環境知識が存続していることの証しであるとも解釈できる。炭の生産と利用に着目することで、こうした知識の構造が「重複」していることが明らかとなり、美的感性が人間と環境の持続可能性を取り巻く多様な知見をつなぐ上でどのような役割を果たすのか把握することが可能となる。

(和訳:Yuko K.)