国際ジャーナル『Canadian Journal of Development Studies』に京都と長野の新規就農に関する論文掲載

FEAST HQ WG3_Publications

WG3の新規就農に関する研究成果をまとめた、スティーブン・マックグリービーPL、小林舞研究員、メンバーの田中敬子先生(米国ケンタッキー大学)の査読付き論文「Agrarian pathways for the next generation of Japanese farmers」が、国際ジャーナル『Canadian Journal of Development Studies』(2018年9月)に掲載されました。

<要旨(原文)>

Japanese agriculture and rural communities are in decline and fewer young people are becoming farmers. Young heritage farmers and a new generation from non-farming families face multiple barriers to pursue farming as their profession or way of life. Using mixed methods, we examine cases of new farmers establishing themselves in Kyoto and Nagano, Japan. We uncover and analyse a set of representative pathways travelled by new farmers and the social and economic pitfalls they must navigate. The local community is found to play a critical role in the progression of farmers along pathways into agriculture.

<要旨(和訳)>

「日本の次世代農民が辿る道」

日本における農業と農村社会は衰退しており、農業に従事する若者の数も減少傾向にある。そのような中で、家業の農業の跡を継いだ若者も、農家家系でない新規就農者も、農を生業、あるいはくらしのあり方の一部としようとする中で、さまざまな障壁に直面している。本研究では、混合研究法を用いて、京都と長野の新規就農者の事例から、彼らが農民としての生活をどのように確立していくのかについて検証を行う。新規就農者の辿る代表的な経路を明らかにし、さらに彼らが直面する社会的・経済的障害を開示し、要因を分析する。その結果から、新規就農には地域社会との多様な関わり方が決定的な影響を及ぼすことが判明した。

DOI: https://doi.org/10.1080/02255189.2018.1517642