「日韓ワークショップ:持続可能な発展と東アジアのコモンズ」の開催報告が地球研ニュースレターに掲載されました

FEAST HQ WG3_Publications

去る2月11日~12日に、韓国済州大学のコモンズと持続可能な社会研究センターの研究者と第9回KYOTO地球環境の殿堂に殿堂入りされたマーガレット・マッキ―ン先生をお招きして、「日韓ワークショップ:持続可能な発展と東アジアのコモンズ」を開催しました。日本と韓国のコモンズの歴史や現状を共有し、今後の東アジアのコモンズ研究の展開について探り、持続可能な社会への示唆を得ることを目的とし、2日間に渡り活発な議論が途切れることなく続きました。田村典江プロジェクト上級研究員による開催報告が、地球研ニュースレターHumanity&Nature第71号に掲載されています。下記のリンクよりご一読ください。
http://www.chikyu.ac.jp/publicity/publications/newsletter/