『農業と経済』にジビエ利用に関する論文掲載

FEAST HQ WG3_Publications

農業と経済(2018年6月発行、第84巻第6号)にて、特集「ジビエ利用の可能性:共生と資源管理」が組まれ、田村典江(プロジェクト上級研究員・WG3チェア)の論文「日本における野生鳥獣肉の流通と消費:ローカルフードシステムの構築にむけて」が掲載されました。
要点:日本では獣害対策から始まったジビエの活用、まさに一挙両得といえるとりくみだが、配慮すべき問題点も少なくない。有効かつ持続的なジビエ利用のサイクルをつくりあげるために、どのような配慮が必要とされるのか。課題を整理する。
同号には、プロジェクト・メンバーの大石高典先生(東京外国語大学)の「野生鳥獣肉の持続的な消費:日本の課題をグローバルにとらえ返す」、濵田信吾先生(大阪樟蔭女子大学)の「ジビエ文化とジビエブーム:消費社会研究から考える」も掲載されています。
http://www.showado-kyoto.jp/nokei/book/360953