アメリカ地理学会2018年大会にてインフォーマルな食システムに関するセッション企画・発表

FEAST HQ WG6_Publications

2018年4月10日~14日に米国ルイジアナ州ニューオリンズで開催されたアメリカ地理学会(AAG)2018年大会にて、「The other food system(s): informal, non-monetary and alternative food practices/インフォーマルな食のシステム:非公式、非金銭的、オルタナティブな食の実践」と題したセッションを3つをオーガナイズし、FEASTメンバーも下記の5つの発表を行いました。

The other food system(s): informal, non-monetary and alternative food practices I
The other food system(s): informal, non-monetary and alternative food practices II
The other food system(s): informal, non-monetary and alternative food practices III

1.“Food and informality: conceptualizing the other food system(s)”
Christoph Rupprecht
Alternative food practices challenging the dominant image of food as a commodity. From gardening to gathering, sharing to bartering, such practices traverse gradients from legal to illegal, regulated to unregulated, for-profit to non-profit, tolerated to socially unacceptable. This explains why, despite the rich research on the diversity of alternative food practices, our theoretical and conceptual understanding remains limited. Here I examine what definitions, frameworks and narratives informal, non-monetary and alternative food practices are associated with. Based on this analysis, I consider the significance of the spaces in which such practices exist: could a ‘third path’ based on autonomy and solidarity avoid both the intrusion of authoritarian big government into individual freedom and the austerity and inequity of neoliberal small government? For this purpose, I draw upon emerging discourses around degrowth, food as a commons, landscape stewardship, and care.

「食とインフォーマリティ:非公式な食のシステムの概念化」
クリストフ・ルプレヒト
オルタナティブな食の実践は、これまで一般的に受け入れられてきた商品としての食というイメージに挑戦するものである。また、家庭菜園、採集、共有、そして物々交換といった食の実践は、合法から違法、規制対象から規制対象外、営利から非営利、そして容認されてきたものから社会的に容認されないものへといったように横断的なものである。と横断的に変化していくものである。よって、さまざまなオルタナティブな食の実践については、これまでも数多くの研究がなされてきたにも関わらず、理論的・概念的な理解が限定的であると言える。本研究では、インフォーマルで、オルタナティブ、そして非金銭的な食の実践が、どのような定義、枠組み、物語につながっているのかについて分析する。その分析に基づいて、こういった実践を取り巻く空間の役割について、デグロース(degrowth:脱成長)、コモンズとしての食、景観管理・保護といった議論を用いて検討する。自律や連帯に則った「第三の道」は、権力主義的な政府が個人の自由や踏み入っていることや、新自由主義的な小規模な政府の緊縮経済や不平等を防ぐことができるだろうか。

2. “How do we describe the enjoyment of informal food practices?: Analysis of theoretical framework and key concepts”
Kazuhiko Ota
From case studies, researchers note that informal, non-monetary and alternative food practices are viewed by practitioners as constituting valuable domains of socially and culturally motivated human interactions, driven by sustainable food system, food sovereignty and local holistic food security (Sage 2003, Pimbert 2006, Maurano et al 2015). These research results are focused on analysis of material and practices such as ingredients, nutrition, cooking methods, communication and so on. On the other hand, there are relatively few studies on our primitive enjoyment of food practices. However, the feeling including enjoyment is an important factor in consideration about food scenes (DeLindo 2006, Jehlička et al 2017). Especially informal food practices, enjoyment are seemed as constituting valuable domains of socially and culturally motivated human interactions. Can we describe that enjoyment well? For example, enjoyment of food sharing, such as making delicious meals for families, friends and visitors, or a motivated producer aiming to realize it in consumers through their productsis a major part of our interest in food. How can we describe enjoyment of food sharing? This research attempts descriptive analysis of enjoyment of informal food practices from the viewpoint of transition to realize improvement of the quality of life of future generations, and present a theoretical framework for analysis from the theory of play and game of Roger Caillois (Caillois 1961, De la Ville et al 2010). This research result will contribute to the development of social education methods such as gaming and curriculum development for sustainable food consumption.

「インフォーマルな食の実践の喜びはどのように類型化できるのか:理論的枠組みと主要概念の分析」
太田和彦
これまで蓄積されてきた事例研究から、研究者たちは、インフォーマルで、非金銭的、そしてオルタナティブな食の実践は、持続可能な食のシステム、食の主権(food sovereignty)、包括的な食の安全といった概念に後押しされ、社会的・文化的に動機付けされた人と人との関わりにおいて重要な領域を構成していると指摘している(Sage 2003, Pimbert 2006, Maurano et al 2015)。こういった研究における成果は、材料、栄養素、調理法、コミュニケーションなどといった物質的なものと、実践的なものの分析に焦点を当てている。その一方で、食の実践の喜びに関する研究は比較的少ない。しかし、喜びを含む感情は、食の領域について考えるにあたり、非常に重要な要素であると言える(DeLindo 2006, Jehlička et al 2017)。特に、インフォーマルな食の実践においては、喜びは、社会的、文化的に動機付けされた人と人との関わりの重要な領域を構成するとい言える。そういった喜びを定義することは可能であろうか。例えば、家族、友人、訪問者のために美味しい料理を作ったり、意欲の高い生産者が消費者に自身の生産物を提供したりといった、フードシェアリング(食の共有)の喜びは、我々の食への関心の大半を占めている。フードシェアリングの喜びはどのように類型化できるのであろうか。本研究は、インフォーマルな食の実践の喜びについて、トランジションの観点から記述分析を行い、未来の世代の生活の質を向上させること、またロジェ・カイヨワ(Roger Caillois)の遊びやゲームの理論の観点から、理論的枠組みを提示することを目指す(Caillois 1961, De la Ville et al 2010)。本研究の成果は、持続可能な食の消費に関するゲームやカリキュラムといった社会教育の手法の開発に貢献するものである。

3. “Bhutan’s Changing Landscape of Food Sharing: what persists and resisted within the nation’s modernizing efforts”
Mai Kobayashi
Bhutan has been looked up to in recent years, among other things, as a “lighthouse” in the world of environmental conservation and post-growth paradigm, most notably through its GNH paradigm and policies to promote carbon neutral development. As such, Bhutan’s progress and success has become an issue of global discussion. Despite the attention, little is understood about the transition taking place on the ground. A contextual analysis is necessary to understand the impacts of such state-level efforts that are taking place, in parallel, in the name of “modernization.” This paper looks at the geo-political and historical context within which such national efforts are being made, and re-evaluate how peasants are adjusting and resisting such top-down initiatives through their sharing of foods and other agricultural products. Particular emphasis will be placed on the relationship Bhutan has had with Japan in its effort towards agricultural modernization. Research is based on a continuing study in Bhutan, based on household surveys and personal interviews that have been conducted in western Bhutan since January 2014.

「ブータンの近代化の中で抵抗と存続の合間に存在するフードシェアリングついての考察」
小林舞
ブータンは、近年、環境保全とポスト成長時代の議論の中で、その筋道を照らす「灯台」のような存在として称賛されてきた。中でも、国民総幸福度(GNH)の枠組みと環境に優しいカーボンニュートラルな開発を推進する政策が注目されており、ブータンの成長と成功は、国際的議論のテーマとなっている。しかしながら、このように注目を集めているにも関わらず、トランジションがどのように勧められ、住民がどのように受け止めているのかついては殆ど把握されていないのが現状である。このため、国家が「近代化」の名のもとに進める取り組みが実際どのような影響をもたらしているのかについて、その文脈を理解した上で分析をすることが不可欠である。本発表では、こういった国家の取り組みの地政学的、歴史的文脈について検討した上で、小農的農業に携わる人々が、食べものやその他の農作物のシェアリング(共有)の実践を通じて、どのようにトップダウンな取り組みに適応、そして抵抗してきたかを再検証する。特に、農業の近代化に向けた取り組みにおけるブータンと日本との関係に焦点を当てる。本研究は、2014年1月から現在に渡り、ブータン西部にて実施してきたアンケート調査および聞き取り調査の結果に基づくものである。

4. “Why farmers engage in seed saving practice in an industrialized country – motivations and values”
Ayako Kawai
Seed saving in industrialized countries is mainly driven by non-economic values, considering its labor intensity and time-space-consuming nature. While continued seed saving is critical for maintaining bio-cultural diversity in agriculture, many studies show that local variety seeds and the practice of seed saving are no longer transmitted from parents to children. Therefore, alternative transmission pathways are required if a diverse variety of seeds and seed saving practices are to survive. This research focuses on vegetable seed saving in Japan which is practiced among diverse actors, including traditional farmers, organic farmers and lifestyle farmers. In this presentation, I compare how the motivation and value associated with seed saving differs among these three different types of actors. Drawing upon semi-structured interviews and participatory research, it appears that these types of actors differ in their objectives and interests. Traditional farmers maintain local varieties through seed saving as the vegetables grown are tasty and / or fit to the local ecological and cultural conditions. Organic farmers mainly value the ability of crops to adapt to low-input farming methods and to respond to farmer’s preferences. Among lifestyle farmers, value and motivation ranged widely from those who are engaged in seed saving as their hobby or as part of community revitalization activities, to those who consider seed saving as a means to realize their philosophical view on farming. The differences in values and motivations around seed saving create different seed saving cultures among the three different kinds of actors, resulting in different seed saving management practices.

「なぜ先進国の農民は種子の保存に取り組むのか:その動機と価値」
河合史子
種子の保存は、労働集約的で、時間、場所を要するため、先進国において農民が種子を保存するのは主に非経済的価値観により動機付けられている。継続的に種子を保存することは、農業における生物文化多様性を維持するために不可欠である。しかし一方で、家庭内で自家採種の技術や自家採種したタネが継承されることが少なくなってきていることが既存研究により明らかになっている。このため、多様な品種と多様な主体による自家採種の実践が今後も維持されて行くためには、従来とは異なる継承の経路が必要になってくる。本研究は、伝統農家、有機農家、ライフスタイル農家といったさまざまなアクターが関与する、日本での野菜の自家採種に焦点を当てる。本報告では、上記の三者が、種子の保存に取り組む動機や価値観がどのように異なるのか比較する。半構造的インタビューと参加型調査の結果から、三者の種子保存に求める目標と関心事項が異なることが判明した。伝統農家は、在来種の野菜は味が良く、また地域の生態系や文化の状態に適合しているものであるため、種子保存を行い在来種の維持に努めている。有機農家は、低投入型の農業に適応し、好みに合った農作物の能力に価値を見出している。さらに、ライフスタイル農家の中でも、価値観と動機は大きく異なっており、種子の保存を趣味、あるいは地域おこし活動の一環として実施するほか、農業に関する哲学的な信念を実現するための手段として行う者もいた。こういった種子の保存に関する価値観や動機の違いにより、種子の保存を取り巻く文化も異なる形で形成され、その結果として、種子保存の管理の実践にも違いが生まれている。

5. “Trespassing foragers: Urban beekeeping in Japan on a formal-informal gradient”
Maximilian Spiegelberg*, Christoph Rupprecht, Rika Shinkai, Jingchao Gan
Urban beekeeping has seen a rise in the numbers over the past years, but despite its documented benefits, that does not necessarily always go hand in hand with an increase of appreciation by all neighbors, law makers or even other beekeepers. There are limits of carrying capacity stemming from the landscapes ecological features, from the willingness and ability to be living with insects among the average urbanite, and from the challenges for an administration to find a balance between regulation and of semi-managed, mobile urban and peri-urban wildlife, that knows no private property boundaries. The presentation will focus on the field of conflicts, compromise and cooperation spanning between multi-level governance actors’, beekeepers’, and the publics’ acts along the formal-informal gradient in Japan. Emphasis will be put on the newly developed framework of socio-ecological ceilings and foundations for human-wildlife co-existence spaces.

「フォーマルとインフォーマルの狭間にある日本の都市養蜂」
マキシミリアン・スピーゲルバーグ*、クリストフ・ルプレヒト、真貝理香、甘靖超
都市養蜂がもたらす利点は多く、近年その数は増加傾向にあるが、必ずしも近隣住民、政策立案者、あるいはその他の養蜂家からさえ快く受け入れられているとは言えないのが現状である。蜜源をはじめとした周辺環境(景観)内の生態系の環境収容力には限界があり、また一般的な都市住民が、ムシと共に暮らすことをどれだけ受け入れることができるかにも限界がある。更には行政が、都市やその周辺に住む、管理しきれず遊動的で、私有地の境界といった概念のない野生生物を是認することと、法で規制することの均衡をどのようにとるのか、にも限界がある。本報告は、日本の様々なレベルの行政関係者、養蜂家、一般の人々が、フォーマルとインフォーマルが複雑に絡み合う中で、都市養蜂に取り組むにあたって生じる軋轢、譲歩、そして連携について検討する。中でも、人間と野生生物が共生する空間における社会生態学的な上限と下限という新しい研究の枠組みにも焦点を当てる。

(和訳:Yuko K)

AAG2018の参加報告ブログは、こちらのリンクよりご覧いただけます。