アメリカ地理学会2019にて研究成果報告(クリストフ・ルプレヒト)

FEAST HQ WG6_Publications

2019年4月3日~7日に米国ワシントンD.C.にて開催されたアメリカ地理学会(AAG: American Association of Geographers)2019年大会に、FEASTプロジェクトより、クリストフ・ルプレヒト上級研究員、小林舞研究員、ダニエル・ナイルズ准教授が参加し、研究成果を報告しました。ルプレヒト上級研究員の要旨は、以下の通り(他はWG3の成果参照)。また、こちらのリンクより、ブログ記事もご覧いただけます。

Whose social infrastructure? Young children’s green space access during daycare in aging Japan
Christoph Rupprecht
Access to green space is vital for children’s physical and mental health. However, many urban daycare centers in Japan struggle to provide dedicated gardens due to high urban land prices and limited government support. This is especially true for unlicensed daycare centers, a privately-owned facility type quickly growing in response to rapidly rising demand for daycare due to increased female labor force participation. To compensate for the lack of garden space, staff in these facilities often take children to public parks for outdoor recreation. Yet the resulting intensive park use can lead to conflicts with other users as well as overuse and high green space maintenance costs, issues that have received considerable media attention. Part of a larger project on understanding threats to young children’s green space access, this first stage examines the issue from the perspective of caregivers in unlicensed daycare centers. Based on a 2018 mixed quantitative-qualitative postal survey of facilities (n=173) in 14 major Japanese cities, standard practices to secure green space access, experience of conflicts and strategies to negotiate with other users, willingness to pay to support maintenance costs, ideas for communal park management, and caregivers’ attitudes on the role of green space access for children’s development are analyzed. Results suggest local neighborhood parks are a vital social infrastructure for young children in daycare. Yet they also show that access to parks can be precarious and dependent on caregivers’ negotiations, raising questions of social and environmental justice for a rapidly aging society.

社会インフラは誰のものか?日本の高齢化社会における保育施設での幼児の緑地アクセスに関する考察
クリストフ・ルプレヒト

緑へのアクセスは、子どもの健康にとって身体的にも精神的にも極めて重要である。しかし、日本国内の都市部にある保育施設では、土地が高価であることや政府からの助成が限られていることから、園庭といった緑地の確保に苦心している。中でも、認可外保育施設ではその傾向が特に強い。しかし、女性の社会進出が拡大したことで、保育施設のニーズは急増し、私立の認可外保育施設の数も急激に増えている。こうした施設では園庭などのスペースが不十分なことから、屋外でのレクリエーションには近隣の公園を利用することが多い。しかし、公園を頻繁に利用することで、他の公園利用者とのトラブルのみでなく、緑地の過剰な使用や高額な管理費といった問題にもつながっており、メディアにも広く取り上げられてきた。子どもの緑地アクセスへの脅威を把握する研究プロジェクトの一貫として、認可外保育施設の保育士の観点から、こうした問題の検証を進めた。2018年に国内14主要都市にて、保育施設を対象とし郵送で行った定量・定性調査(n=173)では、緑地へのアクセスを確保するためにどのような取り組みを通常行っているのか、他の公園利用者とどのようなトラブルがあり、どのように折衝を進めているのか、管理費を負担する意欲があるのか、共有の公園管理に向けたアイデアや、保育士が子どもの発達に緑地が担う役割についてどのように理解しているのかといった点について調査・分析を行った。その結果から、地域の公園は、近隣の保育施設に通う子どもにとって、極めて重要な社会インフラとしての役割を果たしていることが判明した。その一方で、公園へのアクセスは不安定なものであり、保育士がどのように折り合いをつけるかに左右されている部分が大きいことが明らかとなり、これは急速に高齢化が進む日本社会において、社会・環境正義の問題を投げかけるものである。

(和訳:Yuko K.)